過去1番感動した露天風呂!死ぬまでに行って頂きたい【筌ノ口温泉清新館 宿泊レポート】

DSC_7812

大分県の九重にある筌ノ口温泉。(うけのくちおんせん)

今まで色々な温泉に浸かってきましたが、マイベストオブ・露天風呂です。
本当に素敵な温泉。

9月に宿泊してきたので、その様子をレポートしていきたいと思います!

筌ノ口温泉清新館

九重大吊橋から程近い場所にある、筌ノ口温泉。九重九湯の一つです。

阿蘇で遊んだ後、清新館に夕方チェックイン。
とてもひっそりしていました。隣には24時間営業の共同浴場があります。

温泉ブログなどで、すごい良い雰囲気の露天風呂があるな、とずっと思っていたので、
念願の宿泊でした。

受付をしたら、名前を言っていないのに、私達だと分かったようで、
何でだろう?と思っていたのですが、、

当日宿泊客はまさかの私達とビジネス利用の男性のみだったようです!!びっくり。

私達は朝食付きプランで、料金は1泊6000円程でした。かなりお安いです。

お部屋の雰囲気

受付前

館内は広く、私達は左手の建物の2階に案内しました。

老舗の旅館なので、古い感じかな・・?と思っていたのですが、
館内もお部屋もモダンな雰囲気。

散らかってますがwお部屋。

もう1組みの宿泊客は別館だったようで、とても静かでした。
アメニティはハンドタオルや歯ブラシなど一通り揃っていますが、
ドライヤーがないので要注意!私達は持っていきました。

感動の露天風呂

温泉は、露天風呂は23時まで、内風呂は24時間入れます。

露天風呂の入り口。
入り口右手には囲炉裏もあります

入り口を出ると、露天風呂の看板が。
森の中に露天風呂があるんです。左手が女性専用で右手が混浴。

まずは、混浴へ。

この小屋が脱衣所です。カゴがいくつか置いてあります。
虫よけにキンチョールもありました。

混浴露天風呂 かえでの湯です。

すごく良い雰囲気。
森の中にある静かな露天風呂。何かの物語に出てきそう。。

こちらは女性専用のこぶしの湯。

女性専用は混浴より少し小さめですが、十分広いです。

ここまで混浴と女性専用が大差ないのも珍しいんじゃないでしょうか?

上を見上げると、木々が覆っていて、多少の雨なら濡れないです。
体や頭を洗う用にお湯が出ています。シャンプーはかなり古かったので持参をオススメします。

雰囲気だけでなく、お湯もバッチリ。
毎分500Lもの濃い鉄泉で炭酸がまじった泉質。ドバドバとかけ流されています。

景観も泉質も最高の露天風呂。文句なしの100点です。

女性専用風呂は、左手に源泉2箇所、右手に水が2箇所出ています。喉が乾いたら湧水も飲める!

内湯

内湯は24時間入れるので、露天風呂が終わった23時に入りにいきました。

内湯の入り口。

内湯はとにかく渋い。
析出物がビッシリついていて、お湯がすごく新鮮だからか、
露天風呂と同じ泉質なのに透明度が高かったです。

翌朝の雰囲気。

内湯と露天風呂は雰囲気が全然違いますが、
どちらもとてもタイプでした。いつもお風呂にいたので、
お部屋にいる時間が短かったです笑

お隣の共同浴場へ

せっかくなので、お隣の共同浴場にも行ってみました。
清新館の宿泊客は無料で入れるとどこかの記事で見たんですが、
200円とお安いので、普通にお金を入れて入りました。
無人です。

こちらもとんでもない湯量がかけ流されています。ドバドバです。
泉質は宿と変わらない気がしました。
湯船はとても広く、ひっきりなしに地元の方が入ってきます。

共同浴場で24時間やっているのも最高ですよね。こんな共同浴場、家のそばに欲しいです・・!

夕食は近くの居酒屋さんで

夕食はなしのプランにしていたので、
車で5分程のお食事処いこいさんで夕食を食べました。

地元の常連さんがいて入りづらいかな?とも思いましたが、
全然大丈夫でしたー!

しかもここ、何を頼んでも美味しかった!!
他に飲食店が無かったので入りましたが、あたりでした。

焼き鳥一本100円から
高菜ラーメン。本格的なとんこつ味!

朝食

朝食は、ロビーの上の階でした。
お花など飾ってあり、清潔感のある会場です。

ご飯はおひつにたっぷり入っていますが、おかずは出来合いのものが多く、
ちょっと寂しい。。
正直ご飯は付けないで次回は素泊まりでも良いかな、って思っちゃいました。

まとめ

とにかくお風呂が素晴らしすぎる旅館。

ここに入る為に大分に行くべき!
ご飯はそこまで・・ですが、温泉の点数が高すぎるので、総合で100点のお宿です。

行った時は、土曜日にも関わらず宿泊客が2組だったので、
ちょっと今後が心配になる。いつまでも
あの素晴らしい温泉を守っていただきたい・・!

近々絶対に再訪しますー!
お読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です