夏に入りたい温泉といえば、山梨の山口温泉!都内から日帰りも可能。

DSC_8762

温泉といえば、何となく秋〜冬のイメージがありませんか?

確かに、私も温泉シーズンで1番好きなのは、冬です。
雪見風呂が大好物です。

しかし、夏にぴったりな温泉もあります。

それが、今日ご紹介する山口温泉。
ぬるめの源泉がドバドバ掛け流されている、素晴らしい温泉です。

山口温泉とは

山梨県の国道20号甲府バイパスからほど近い、閑静な住宅街にある温泉施設。

国道から少し道を入ると、住宅街の中にポツンとあり、
知る人ぞ知る雰囲気。

最初に行った時は、ナビが指している場所に行っても見つからず、
周辺をグルグルまわってやっと見つけました。

よく見ると看板が出ています!
一見、普通の住宅の様にも見えます。駐車場は広め。

受付

入浴料金は3時間600円。営業時間は9~21時。
湯治の方も多く、ゆっくり静かに入ってもらいたいという配慮からか、
18時までお子様不可という、大人の為の温泉です。

最初に受付でお金を払った時、
旦那と、『何時に出るー?40分後位かな』と会話していたのですが、
それを聞いていた番頭さんが一言。

『うちはゆっくり入らないと温まらないので、
最低1時間は入るといいですよ!』

早く出て行ってくれた方が都合が良いと思うのに、
このアドバイスは嬉しかったです。

さらに、浴室前には、大量のペットボトルが積んであり、
温泉を汲んで帰って良いとの事。

これも珍しい配慮!ワクワクで浴室に向かいました。

奥が女性用入り口。体重計の横にペットボトルが積んであります

ドバドバ掛け流し温泉

脱衣所に入ると、ドドドドーっと滝の様な音が。

内湯に入ってみて納得。

龍の口からすごい量の湯が出てる!

毎分700リットル近い温泉が湧き出しているそう。
コップも置いてあり、飲泉も出来ます。ほんのり黄色味がかった色。

そして入ってみてびっくり。

ぬるいんですが、炭酸成分のおかげでじんわりと体が温かくなってきます。

泉質は含食塩重曹泉。体にプツプツと気泡が付く泡付きの温泉。
そしてフワッと微かに硫黄の様な香り。

他の記事で、お母さんのお腹にいた時の羊水と同じ温度だと書いてあったんですが、
まさに、そう!
ふわっと包まれて心地良くて。ぬるいのに、暖かい。不思議な感覚。

今まで自分は熱い湯の方が好きなんだと思っていましたが、
本当はぬる湯の方が好きなんだ、と山口温泉で悟りました。
それ位心地良かったんです。あー・・書いてたらまた行きたくなってきた・・・

他の入浴客は露天風呂に行っていたので、
目を閉じて、じっくり温泉に浸かっていました。

露天風呂

露天風呂は人気で、ずっと何人かが入れ替わり入浴していました。

内湯程のドバドバ感はありませんが、2箇所からお湯が掛け流されていて
とても良いんですが、鮮度は内湯の方が良い気がしました。

内湯で感じた、微かな硫黄の香りも感じなかったです。

やっぱり夏に行きたくなる温泉。

結局、1時間以上入浴してしまいました。
上がった後は、少し寒く感じたんですが、
炭酸成分のおかげか体がずっとポカポカしていました。

ゆっくり入浴して、喉が渇いたら、沸き立ての温泉をごくごく飲んで。

都内からも行きやすいので、疲れている時にふらっと行くのもオススメ。

加温をしていないので、冬はちょっと寒そうですが、
夏には本当に最高な山口温泉。

この夏も一度行きたいです。

お読み頂きましてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です