箱根 四季の湯座敷 武蔵野別館宿泊【正直な感想】

先日、箱根にある四季の湯座敷 武蔵野別館さんに宿泊してきました!

前日の夜にふと、温泉に入りたいな〜と思い、予約。

こちら数年前にも宿泊したことがあり、すごくお気に入りだったので、

間違いない!と思っていました。

とても素敵な旅館ですが、色々と思う所もあったので、

時系列で感想をまとめていきたいと思います!

宮ノ下駅からお迎えに来てもらう

ロマンスカーで箱根へ。

その後、すぐに宮ノ下へバスで移動して、

孤独のグルメに出ていたお店でランチしました。

※2020年6月現在、箱根湯本駅から出ている登山電車は、

昨年の台風の影響で、運転していません。

その為、宮ノ下までは、バスで向かいます。

ランチ後、時間があったので太閤の滝を見に行ったり、

近くには温泉が湧き出していて、すごい湯気です。

ぷらぷらしていたのですが、

水曜日は宮ノ下のお店が

ほとんど定休日なのでお気をつけください><

営業していたカフェでチェックインまでゆっくりしました。

コーヒーハウスあんのレアチーズケーキ。甘さ控えめでした。

15時前にお迎えに来て頂き、チェックインしました。

武蔵野別館さんへ

武蔵野別館は、隠れ宿のごとく、ひっそりと佇んています。

高級感があってとても素敵な玄関。

玄関を入ると、ねぶたがお出迎え。豪華。

チェックインの為、奥のソファに通されます。

こちらは、チェックインが終わると、

カフェとして使用されていました。

旅館お手製のお茶が出されます。

ここで、貸し切り風呂の時間を予約するのですが、

なんと、日中は景観の良い山の湯が入れないとのこと。

貸し切り風呂は3つありますが、(後述します)

山の湯付近で工事が行われており、目隠しがない為現在は入れないと・・

えっ聞いてないよーー・・涙

翌朝も難しいとのことでしたので、夜に予約しました。

ロビーの雰囲気もとても良く、高級感があります。

じゃらんでハイクラス認定されているだけあります。

全館畳敷になっていて、靴を履かなくても良いのでリラックス。

ちなみに、今回の予約は、1人税込み22000円程。

1番下のクラスのお部屋です。(私達にとって奮発ですが!)

直前割でお安くなっていました。

お部屋

お部屋は5階、天城。

中居さんが案内してくれ、お茶を出してくれます。

お部屋の入り口

入ると石が敷き詰められている廊下。

15畳ほどあり、かなり広々しています。

最初に入った時の印象は、素敵!よりも、

不思議な匂いがする。照明が暗い。ちょっと古い。

ロビーなどがかなり高級感のある雰囲気なので、

お部屋は思ったより古く感じます。

不思議な匂いは部屋にずっと染み付いている匂い?!

空気清浄機があったので、フルパワーにしたら気にならなくなりました。笑

館内で履く足袋と浴衣とタオル。

こちらのお部屋、ベランダもあります!(履き物はありません。持参したスリッパを履きました)

景観ばっちりなんですが、工事の音がします。。

L字になっている構造の為、隣の部屋がよく見えるので、端まで行かない方がいいかも。

今まで気になった所がいくつかありましたが・・

こちらがお部屋で1番楽しみにしていた、源泉掛け流し檜風呂。

1人用の湯船。

源泉の札が掛かっています。

蛇口には、しっかり源泉 の文字が!こんな蛇口が家に欲しいです。

武蔵野別館さんは、自家源泉を所有しており、敷地内から温泉が湧き出しているので

新鮮な温泉を好きな時に楽しめます。贅沢です。。

源泉は60度近くあり、かなり激アツなので、溜めておいて冷ますか、

水を入れて調整します。

泉質は、とろみがある単純温泉。

化粧水が無くてもつっぱらなかったです。

温泉 大浴場と貸切湯が3箇所

お部屋のお風呂も最高なのですが、

大浴場と貸し切り湯も最高にいいです!!

貸し切り湯は3箇所。

2箇所は先ほど書いた様に、予約制。

1箇所は鍵が空いていたら、いつでも入ってOKです。

予約制の、隠れ湯「薫風」

ロマンスカーのポスターにも使われた事がある、武蔵野別館さんの看板湯です。

森に囲まれていて、ここまで緑が見える湯船はなかなかないと思います。

しかし、日中は例のごとく工事の音が・・涙 

こちら貸し切りは30分間で、22時〜6時は

鍵が空いていたら自由に入れる様になります。

薫風は2階。湯に行くまでの廊下もとても素敵。

続きまして、予約制の湯小屋「山の湯」

日中に入れなかったので、夜に入りましたが、いい雰囲気でした。

しかし、周りの木々が見えている日中の方が絶対にオススメです。

こちらも30分の時間制限があります。

鍵を返すまでの時間なのでなかなかハード。

奥に見えているのが湯小屋。

一階の出入り口から、湯小屋へ歩いていきます。夜もライトがあるので安心。

懐中電灯も貸していただけます。

予約がいらない貸切湯「夜咄の湯」

こちら1番お気に入りでした!こちらは内湯で、洗い場が付いています。

時間制限が無いので、ゆっくり入れますし、

窓があいているので、半露天でしょうか。

外の緑が綺麗に見えますよー!

額縁の様です。

備え付けアメニティは雪肌精!嬉しい。

空いていたら24時間好きな時に入れます。

4階の客室階にあるので、さくっと行けるのもポイント高い。

大浴場

大浴場は、4階の別棟にあり、廊下を歩いていきます。

階段が多いので、足の悪い方だと何度も行き来するのは大変かもしれません。

女性用内湯。窓が広くこちらも緑が見えます。

洗い場は仕切りがあり、何箇所もあるので、混み合う事は少ないと思います。

左手の扉を出て短い階段を上がると、、

露天風呂。

ロマンスカーのCMに出た事もある露天風呂です。

貸し切りだったので、CMと同じ角度で撮ってみました♪

雨が降っていたのですが、それも風情でとてもよかったです。

紫陽花も見頃ですし、梅雨の箱根オススメですよ。

大浴場も24時間入れます。

お風呂に行くまでの廊下
脱衣所。仕切りがある洗面台。外の景観も見れる様になっています

お風呂は雰囲気も数も箱根の中でトップクラスではないでしょうか。

自家源泉を所有しているので、全湯槽源泉かけ流しなのも最高です。

湯もトロトロしていてお肌がしっとりします。

しかし、、残念な事に塩素が投入されています。

不特定多数が入浴するのでしょうがないのですが。

時間によってはプールの様に塩素がかなり臭う事もあり、

ここは気になります。

お部屋のお風呂は塩素投入がない様でした。

夕食 気になる所が盛り沢山。

夕食は色々と気になる所がありました!!

グチっぽくなりますが聞いてください。笑

まず、夕食は18時からと決まっており、部屋食です。(時間固定なのも?と思いました)

大浴場に行っていたので、主人は先に戻っていて、

私は夕食が始まる5分前に部屋に到着したのですが、

もう先付けなど既に用意されている状態でした。あれ?!

電気の照明が暗めです。

もっと早く到着するべきだったようです。

お酒の注文方法などもわからなかったので、冷蔵庫から瓶ビールを出して飲んでました。笑

金目鯛には何故か柏の葉が巻いてありました

一品ずつ仲居さんが運んできてくれます。

メインのアワビの蒸し焼き。すごく美味しかったです!
〆のご飯は生姜の炊き込みご飯。

仲居さんは感じの良い方ですが、

アワビの火をつけた後は特に説明が無く、自分で取っていいのか分からなかったり、

料理を持ってくる順番がお品書きと違かったりしたのは気になりましたね。

味は優しい味付けが多く、天ぷらやお肉などは出てこないので、

全部食べ終えた時点で、腹八分目くらいでした。

旅館にいくとかなりお腹いっぱいになる事が多いのですが。。

アワビが1番美味しかったです!

宵月亭はまさかの宿泊客数によって休業

今回の宿泊で1番悲しかったのはこれ。

こちらもロマンスカーのポスターになった、宵月亭。

公式HPより引用

こちら、大浴場にいく途中にあるのですが、この日は閉まっていて。

外の緑を眺めながら湯上りにお茶が頂けたり、お酒を頼めたり、

夕食後はラーメンが提供されるので、とても利用を楽しみにしていたのですが。

何故閉まっているのかを、夕食時に仲居さんに聞いてみたんです。

答えは・・

今日は宿泊客が少なかったので、開けていないんですよ。

昨日は開いていたんですけどね〜 と。

なんだよそれ。

それならせめてチェックイン時に説明してくれればいいのに・・

部屋にも案内の冊子があったのに・・

これは今考えてもおかしいなと思います。

でもリラクゼーションルームは最高!

散々愚痴を書いてきましたが、笑

モヤモヤした気持ちを吹っ飛ばすいいスポットがありました。

リラクゼーションルーム 禅 です。

広々とした空間に、マッサージチェアーが6台とソファが設置されています。

和の空間。

天然水も飲めます。ちょっとぬるめ。

ここはマッサージをしに何度も行きました。

貸切湯に行く時に偶然見つけて、エレベーターに書いてある以外の案内が無かったので、

知らない方も多かったのか、いつ行っても貸切でした。

朝食

朝食も早く準備に来るはず!と今回は15分前に待機。笑

仲居さんは昨日と同じ方でした。

朝食は豆腐と煮魚メイン。小田原蒲鉾も出たのは嬉しい!

こちらは湯の花豆腐。火にかけてとろっとした所をおぼろ昆布と一緒にいただきます

全体的に朝もヘルシー。

こってりしたものが食べたくなってきます。まだ私も胃は若者のようです。

朝食の後は、お部屋のお風呂で源泉にたっぷり浸かって、11時にゆっくりチェックアウトしました。

まとめ

武蔵野別館さんは、温泉や館内の雰囲気は本当に良くて、

ザ・箱根!という感じ。笑

しかし、ソフト面ではもう少し頑張って頂きたいな、と感じました。

箱根は都内からすぐに到着するので、リフレッシュに最適。

また武蔵野別館さんに宿泊するかは分かりませんが、笑

違う季節に行きたいと思います!

お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です